本買取でお困りの方の為に

アーカイブ

カテゴリー

更新情報

2016-03-29
古本を売る前に見積もり査定をしてもらおうの情報を更新しました。
2016-03-29
プロフィールを新規投稿しました。
2016-03-29
見積もり査定はどうやって出すかの情報を更新しました。
2016-03-29
見積もり査定の比較サイトを利用しようの情報を更新しました。
2016-03-29
会員制の買取サイトで見積もり査定をを新規投稿しました。

古本を売る前に見積もり査定をしてもらおう

qreess
古くなった本など、家に置いておくと嵩張るし埃をかぶるしでもう読まないものであれば勿体ないというもの。
しかし、せっかく購入した本なのに廃品回収などに出すのはやっぱりちょっと勿体ないですよね。
そんな時は、古本の本買取をしてもらうことで少しでもお金をプラスするという手段を使ってみましょう。
実際、古本の本買取は結構ものによってはいい値段がつくこともありますので捨ててしまうよりはずっと自分にとって得になるのではないかと思います。

買取の前に必要なこと

ただ、本の買取というのはお店によって非常に大きな値段の差がつくこともあるんです。
たとえば、A店で売ろうとした時は10円しか値段がつかなかったのに、B店で査定をしてもらったら5000円も値段がついたという極端なことも実際にありうるんです。
なので、本買取をしてもらう時はまずは事前にある程度の見積もり査定をしてもらうようにしましょう。
ふつうに持ち込んで査定をしてもらってからその値段によって買取を決めるかどうかということもできるのですが本は一度に沢山持ち込む場合はかなり重くなりますので、持ち込みをするのも大変です。
しかも、査定の場合は一冊ずつ本の落丁や破損などがないかもチェックしますので、持ち込んでから査定を出してもらうまでにも時間がかかることもあります。
なので、あらかじめ買取をしてもらう前に見積もりを出してもらえば気に入らない値段が出てまた思い本を持って帰るなんて羽目になることは防げます。

見積もり査定はどう出してもらうか

一番いいのは、ネットで手続きをすることができる買取屋を使うことですね。
駿河屋なんかは、本買取の基本値段も結構高いうえに見積もりをネットで出してくれるので、一度持ち込みをしてからというような面倒なことをせずにある程度の値段を知ることができるので、そこでの値段が気に入るか気に入らないかでおおざっぱではあるのですが判断を下すことができるというわけですね。
およその見積もりは、買取リストなどと見比べてこちらが売ろうとしている商品名を入力して相手側に送ることで出してもらうkと尾ができます。
見積もりの出し方はお店によって違いますので、メールなどで問い合わせをするといいでしょう。

見積もりを出すといいこと

ukykud
見積もりを出すことでどんなメリットがあるのか、という話ですが一番は時間と手間の無駄を省くことができるところです。
持ち込みにしても、宅配買取にしても見積もりをあらかじめ出すことができないと持って行って、或いは送ってから査定をするという方法を取ると、その値段が気に入らなかった場合はまたそれを持って帰ったり、送りなおしてもらわないといけないんですね。
特に、変装手続きが必要な場合はこちらがお金の負担をしなければいけないこともあったりして、売ってお金を足すどころか余計なお金を使わなくてはいけない、ということになってしまいかねないのです。
しかし、見積もりであればある程度の値段の付きかたを想定出来るので、余程大きな差異が出にくく、納得できる値段の範囲に入るかどうかあらかじめ知ることができるのです。

まとめ

見積もりは、言ってみれば自分である程度あらかじめおおざっぱな値段を調べることができるので、持って行って全然思った値段と違ってがっかり、ということを防ぐことができます。
査定は手間も時間もかかりますので、折角したのに全然思ってたより安かったら無駄になりますからね。

ページ上に戻る